à la montagne
山登りの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
member: 4名 hkwさん、luiちゃん、yukohapa、katea
plan: テント1泊、ピストン(6h30)
route: 美濃戸口-赤岳鉱泉(テント)-硫黄岳-横岳-赤岳-行者小屋-赤岳鉱泉-美濃戸口
peak hight: 硫黄岳2760M 横岳2829M 赤岳2899M
purpose: 秋山、紅葉の景観。赤岳のリベンジ(hkwさん)。おやき(私)笑
option unexpected: yukohapa母と妹、hkwさんとyukohapaの山仲間と遭遇
discovery: "ポリタン"が販売中止(じゃなくて店頭でみつけました。ほっ)、長野ICIはチタンびいき(アルミ製コッヘルが買えない事態)

10/7(土)
0850 新宿西口 京王バスで長野市へ luiちゃん&私
1300 長野駅前 そば屋さん、銀杏の塩焼き!、ICI
1445 レンタカーを借りて善光寺へ、その後温泉へ
1900 レンタカーを返す 使用時間約1h...
1930 仕事帰りのhkwさんと合流、買出し1、食事
2230 帰宅、パッキング
2325 本日luiちゃんの誕生日。宴...のはずが...心ココニアラズでごめんね。初めてのマテウスロゼ。
0100 就寝 (予定では23時就寝のところ)


10/8(日)
0720 長野市内のhkw邸を出発。
0907 茅野駅で特急あずさの到着を待ち、yukohapaと合流。買出し2
1100? 美濃戸口に車をおいて登山道に入る
1500 赤岳鉱泉着
1600 山小屋の食堂でティータイム なかなかオシャレ
1645 yukohapa母と4女到着 ドッキリタイム
1720 食当開始 自炊室が使えて快適 外は冬の寒さ
1845? 入浴 法華院温泉が偲ばれる、木枠の湯船風呂
1900 ワインの夕べ 地元産のナイアガラ
2100 就寝


10/9(月)
0400 起床
0620 出発 ピストン装備、パッキング最後はまた私
0800? 硫黄岳手前の分岐 稜線に出る 誰しもが感嘆の声を自然ともらしてしまう程の素晴らしい眺め 白砂の丘と白冠の北ア連邦 強風もすごい
0810? 硫黄岳 前回の衝撃と感動が、今回全くない自分にショック...
0930? 横岳 突き出たピークが4,5つありその総称。勇ましくすてきだ。鎖に鉄はしごにガレキにざくざくの霜柱からできた氷...キケン!タノシイ!
硫黄岳からは見えなかった富士山がその姿をかなた天空に現す。本当、美しい。
横岳半ばで母&妹パーティに出遭う、パワフル母と「もうやめてほしぃワ…」と言いながらもすっきりした笑顔の妹!はまったナ
1045? ヘリ救助の現場に遭遇 大自然をバックに人間がものすごく小さい、しばし立ちすくんだ
1100? 赤岳小屋 エル(L=ランチ)を開きかけたところ、物資運搬ヘリが来るというので退散を迫られる 全くカンジの悪い小屋だった ヘリに縁のある日だ カメラを片手に興奮気味のhkwさんは居合わせてとても満足気
1230? 赤岳 ナカナカな登り。おしりの大きいおばちゃんたちがいつ頭上から降ってきてもおかしくない岩場の傾斜。冷や冷やしてた。鎖、鉄はしご、ガリガリ氷多し
イタダキに建つ赤嶽神社、しばらく読み方がわからず。嶽は旧字なのかぁ。こんな場所で強風にも吹雪にも耐えるんだね、この碑は。"2899赤岳"の看板は以外とかわいらしい感じ。飽きもせず富士山を眺める。
下山
-5分も降りた頃か、後方頭上から突然「hkw君!」という呼び声が響く。昨年常念に登った仲間だそうだ。更に2名とすれ違い、歓談。こんな切り立った岩のみちで知り合いとすれ違うという設定はやはりなにか縁を感じざるをえない。
-朝から私たちの後を追い追われるようにしてずっと共にいた阿弥陀岳が眼下に。いっそう迫りきて美しい
-又三郎尾根 妹が置き忘れたという上着を発見
-緑が、樹木が、葉っぱが目にふれるようになる 下界モード
1330? 行者小屋 カンジ悪い小屋NO.2 スタンプ用のインク、それくらいまともなものを用意してほしい
1445 赤岳鉱泉着 撤収
1538 赤岳鉱泉出発
1720 --小屋 車をとりに先を急ぐhkwさん 夕暮れ→闇の林道歩き
1830 温泉着 みんな くったくた!
1944 バス乗車 なんとか。高速道路沿いの階段探し(汗)
2345 1h以上遅れて新宿着











・記・
今回の4人は、たまたまではあれど、38-41期のOBが一人づつ集まったパーティとなった。何年経ってもこうやって集えることに感謝したい。
9月に五竜に行く計画が、週末になると悪くなる天候のために延期続きになり、やっと今回の八ヶ岳を迎えることができた。
土曜の善光寺、日曜のサイト地ともとっても寒くて少々不安だったけれど(実際土曜は北アで吹雪のため遭難者が多かった)
月曜日は最高の山日和、雲がなく360℃見渡せた。
本当にいいものをみれた。これ以上何を望もうか、という展望。
東京に帰ってきて、1週間抜け殻のようになっていたほどですから~

メンバーのみんなが頼もしいな、とも思った山行でした。
hkwさん: 仕事柄運転テクは本当にプロ級、ワインや鍋、食糧ほとんどをもってくれたり、疲労ピーク時でも失わない丁寧な気遣い。貴殿なしに充実した長野の山行はありません。
luiちゃん: 仕事がハードで家に帰れるのは週末だけ。準備も睡眠もそこそこで参加。足手まといになるわよーと言っていたのに、しんどいはずの登りの途中、「気持ちぃ~ここ最近で私今が一番元気だわ」と笑顔がはじけてた。
帰りもそう。よろよろになって下山、温泉でもゆっくりする暇もなくて、まともな夕食も食べれず。相当疲れているだろうと思いきや、解散後のメール「興奮気味!」とのこと。さすが、高校から登山部なだけあるわぁ。
yukohapa: 常に一定の調子。疲れた、しんどい、という文句を聞いたことがない。淡々と歩くすがたが強さを物語っています。
個食が梅酒だったり。ビン、重いのに。
さすがエリート校でエリート就職なだけ、あるわぁ~フフ。

帰り、とぼとぼと歩いた暗闇の林道、私的にはとてもすてきな時間でした。木々の香り、頭上にはうろこ雲。静かで。車のライトを待ちわびながら、歩いた歩いた。

参考サイト(夏山の写真なので色あいはちょっと違いますが):
http://www.shinshu-tabi.com/akadake2.html
スポンサーサイト

>yukohapa
3年分を味わったといわず、また来年もどかんとガツンと行きましょ!
ある計画では五竜っていう話も。。。?!
メニュー、「めっちゃ嬉しかった」と言われてわたくしも本望ですワ☆フフ

【2006/11/02 17:23】 URL | katea #-[ 編集]
RE: viva!八ヶ岳
印象に残ったbest3にあの香港ヌードルが入るとは恐れ入ります!
蝦蛋麺(えびタマゴめん: ハータンミン)にさつま揚げと野菜&きのこ沢山のあんかけ風でした。青ゆず(丹沢の直売所でみつけたもの、小さくて見た目はすだちのよう)のしぼり汁とバジルをトッピング。
たまご入り麺のとろっと感が朝においしかったですね、日常では朝に食べたいとはまず思わないけど。山は朝4時でも3時でもonモードになれるから不思議です。

赤岳の登り、頂上を目指す甲斐があるよ、と思うくらいのなかなかなものでしたね~。時間が押しているといいながらも、時を忘れたかのように4人ともぽけーっと空を山を下界を眺めていた。あの時間がとてもここちよかった。
【2006/10/27 10:28】 URL | katea #-[ 編集]
3年分の景色
自分が行った山行がこういうふうにまとめられてるのって、無表情では読めないですね。viatorか報告書読んでる気分。ニヤニヤしてしまいました。
嗚呼、八ヶ岳!最高でしたね!
この先3年分の山の感動を味わった気分です。おなかいっぱい。
kateaさんの食糧係よかった。炒め麺、カシューナッツ×レーズン、黒ゴマきなこミルクなどなど。バジルや黒胡椒が出てくるのがkateaさんらしい、と思ってめっちゃ嬉しかった。
hkwさん、luiさんも個性が出てて、何年かたってもこうして集まれるのって本当、嬉しいなあ。
山の中では元気だったんですけど、やっぱり体にはきつかったみたいで、帰ってから1週目でいつもの口唇ヘルペスが出現、2週目で風邪をひいてしまいました×××
妹は山にちょっと目覚めたようで、鞍馬山に行きたいって言ってるみたいです。
母は相変わらず元気です(笑)

【2006/10/23 15:03】 URL | yukohapa #-[ 編集]
viva!八ヶ岳
しばらく筋肉痛でまともに歩けなかった…。みんな体力の衰えを感じさせなくてすごいわ。
素晴らしかった八ヶ岳山行の私の印象best3!
③下山最後の真っ暗な林道。hkwさんの車のライトを見た途端安堵で激しくコケた私をyukohapaちゃんが助けてくれたっけ。まじで半泣きでした(>_<)
②kateaが作ってくれた炒め麺。朝から食欲をそそる風味で大満足♪でした。
①何といっても赤岳登頂。直前の登りしんどかった~。みんなバテそうになる私を励ましてくれてありがとう。雲上世界は冷たい風があれどもそれはそれは穏やかに感じました。
他にもチップトイレの多さ(環境問題)とか大きな霜柱とか赤岳鉱泉のお風呂、そしてmy birthday、忘れたくないことだらけです。
山は私が一番自然体でいられるところ。また一緒に行きましょう☆
【2006/10/17 14:37】 URL | lui #oNnex6fQ[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

katea

Author:katea
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

visiters

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。