à la montagne
山登りの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年で止まっているとはおそろしい。。円山歩きは追加せねば。

2015/8/14

11:00 ボートでANAUへ
     15分?下道+15分ほど登山口探し
11:35 登山口
11:54 展望のよい高台 ここから分岐で3ルートある模様 水休憩して景色の写真とってうろうろ 後日山を眺めて思ったけどこの場所は一番低くくぼんでいる、峠的な場所
     1つめ - 赤茶の土がむきだしでいかにも滑りそうな、来た道からするに真正面の、どうやらFAANUIへ降りていけるわりと急なくだりのみち。ちょっと降りてみたが、この靴では滑ってころびそうだとすぐ引き返す。あまり下る気分でもなく。
     2つめ - 正面左手、オテマヌ山のほうへ向かって伸びるのぼりの道。木が生い茂っていて薄暗いところが多い登りのルート、石や木の枝でごろごろ、ココナツの殻もたくさんおちている。大砲はなかったけど、いかにも米軍が戦時中につくったのかと思われる石垣の残りあり。大きな石のうえに小さな石を積んで塔にしたケルンのオブジェが。登山者がいる印。矢印もサインもまったくないのでちょっと一人では不安なみち、おそらくANAUケーブへのいわゆる中級とご紹介してるルートじゃないかと思った。かなり確か。
     3つめ - むかって右手、北へむかってのびるゆるやかな丘陵ともよべるルート。しばらく行ってみた。眺めては描いていたイメージとは違って、眺望はほとんどなし。木がしげっている。つまり、岩肌で植物がなくて歩きやすくなっている稜線を思い描いてたけど、実は林のなかを抜けていく、箕面の山みたいだった。反対の左手側わといえば、そのうちFAANUIベイがみえてきて大満足。足元はあまりよくない。木が倒れ枝につっかかり草がしげって。人があまり入ってない感じで、帰りは来た道がわからなくなるほどだった。ハイキングルートは別の道があるのかなと思った。みあたらなかったけど。
12:26 引き返すことを決意 13:10のボートに間に合うか否か
12:49 登山口へ戻る 急いで下山したら20分で車道にでれた
13:06 BASE

念願の山歩きに大満足。緑緑した空気がうれしくてうれしくて。
靴がいまいちで、9800のでいいから登山靴がほしいなーと。雨と朝露の影響でわりとぬかるんでいて泥まみれになるしすべる。
一回転倒。。。
 




スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

katea

Author:katea
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

visiters

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。