à la montagne
山登りの記録
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
member: 16名(oufsワンゲル現役13名+学外OB3名)
plan: 49期OB合ワン
place: 奈良県 近鉄線御所(ごせ)駅から片道270円の路線バスで登山口へ
route: ロープウェー乗り場(登山口)-クジラの滝-行者の滝-山頂-ロープウェーで下山
CT: 1h50+ロープウェイ

11/18(土) さむーい日・曇り空
阿倍野橋駅の西口(中央改札?!にはだまされたナーハハ)に集合してみると、なんとOBはたったの3名。
OBのために現役が催してくれる会なのに...
8年前、私がOB係だったころは、10名前後は参加してくださるような盛り上がりだったのになぁ。それも、定年を迎えるような大先輩方から30代のOBさんまで幅広く集まって。

聞くと、ここ数年は集まりが悪い、とか。
知らなかった私とluiちゃんは、どんな顔ぶれになるかなー、懐かしい人はきてるかしら、なんていうサプライズを期待して、東京から夜行バスで遠路はるばる行ったのでした。
もう1人はTOくん、また昔のように他愛もないトークをしながら一緒に登れて嬉しかった。もうそういう日はこないかも、と思うこともあったけど、来るものですね。

現役生、後輩はみんな若くって、かわいい!
知ってる顔も、知らない顔も、世代のギャップも、環境の違いも、性格の違いも、全部取りはらっても残る、ワンゲルというつながりがとってもあたたかく感じられた。山は非常に非常に寒かったけれど。

1h50という手短かなコース。
杉の植林が多いことが印象的だった。
chieとTOくんは歩きながら、植林と環境、生態について長いこと議論していた。
あーこの、山でのマジメトークぅ!うちのワンゲルらしい。(特に後輩の世代)と思ったりして。懐かしい記憶がいろいろよみがえった。
頂上へむかう尾根からは「吉野、大和って感じするわー(関西弁調ですにアクセント!)」という声が聞こえてきたほど、青みがかった美しいトーンの山並みの風景が日本画のように広がっていた。なめらかーな波打ついくつものライン。
うん、あれは関東にはない。きれいだった。

頂上からは、時間が足りない関係でロープウエィで戻った。何十分も待つはめになって、あの待ち時間にすっかり冷えた。
帰りのバスはぎゅうぎゅう。雨も降り出してきた。
一日、くもりでもってくれて天に感謝。

来年からはこのOB合ワンもないと思うと。。残念すぎる。
奇跡は、起きないわよねぇ。


参考サイト(ツツジの景色を秋色に想像して見てください!):
http://www3.kcn.ne.jp/~jinlime/yamatokaturagisan2003.htm
スポンサーサイト
member: lip, katea
route: 高麗駅-日和田山-高指山-物見山-北向地蔵-ユガテ-東吾野駅
CT: 3h50
plan: 低山歩き
place: 秩父 飯能市辺り
theme: サクサク

2006/11/5 (日)

0706 池袋発 西武池袋線で高麗へ
0820 登りはじめ
0915 女坂の途中の見晴らし台(天気はよいのに白く霞んでよく見えなかった) 鳥居と祠あり(じっと動かない猫と一緒に写真を撮影)
0925 日和田山山頂305.1 ここでも景色は白く霞んで。わりと狭い
高指山、を目指すも鉄塔領域に阻まれて山頂を確認できず。椿ロードが美しい
1015 物見山山頂378 テーブルつきのベンチを獲得してエル。お湯をわかしてピーチティを淹れてもらって至福のひととき☆→ほとんどこぼしちゃって...Lady Mary teaをまたいれてもらった。犬を連れてくる低山ハイカーのメッカなようだった 山と犬、山と猫、なんかふさわしくない気がしたけど低山らしいといえばらしい。一等三角点を確認。
1125 物見山出発
1215 北向地蔵 縁結びのご利益?!看板の下2行ほどにまるでつけたしのように記載...
1245 ユガテ 妙な名前に惹かれる、とlipちゃん。なんてことはない、湯ガ天からもじった地名のようだ 民家が2軒しかない集落とその菜園畑ののどかさ。トイレがあってありがたい。以外ときれいで
1330 東吾野駅
1342 西武線に乗る


1,2年休止していたホットラインが復旧!
最近誘っても断られっぱなしだったので(タイミングも悪かったのだろうけれど)、急にきたお誘いにも、今週は山の気分ではない&腰が重いとはいっても、ふたつ返事でOKした。
当日の朝5時、起きて見たらどうも気がのらず、6hのCTを歩ききる自信も失っていて、今日は無理かなと思ったものの、CTの短いルートに変更してもらってなんとかやる気を取り戻した。

高麗は昨年9月に彼岸花の花畑を見にいった観光スポット。近隣にハイキングコースがあるということをその時に知って興味は抱いていたのだ。
池袋に着いてからプランを聞くと、偶然にもそのあたり、とても嬉しかった。


全体的に歩きやすい道で、杉やヒノキの林の中を木洩れ日を感じながら進んだ。こんなに気持ちのいい登山道はいままであったかな、と思うほど。その気持ちが不思議なほどずっと途切れずに続く。
なんだろう、木々の感じと適度に整備された道、秋の柔らかい日差し、ひんやりした空気、低山なりの青々しさ、きっと私に心にマッチしたんだろう。
特に、北向地蔵からユガテまでの道がとても好きだった。
紅葉が始まっている秋とは思えないほど一面、緑の景色が続く。
シダが大きな葉をわさわさと伸ばし、イキイキして、秋の空気とは別世界をかもしだして。
小川が流れ、コケやつたが樹皮にはりついているところ、ナウシカのワンシーンをちょっと思いだした。 賛同してくれない人もいたけど!

低山だというのに、たった300Mなのに、この満足度はなんだろう。
夕食時、ごはんがびっくりするくらい美味しかった。なんてことはないいつものメニューを食べすぎました。。。

プロフィール

katea

Author:katea
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

visiters

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。